平屋持て余シンプルライフ

ミニマリストになりたい主婦のリノベーション平屋暮らし

子供と!断捨離チャンス【ミニマリスト志望主婦の捨てたもの】

今日は末っ子のおもちゃについて。

末っ子は未就学児です。まだ自室を持たせていないので、おもちゃはリビングに置いています。

そこが最近、ゴチャゴチャでさあ。


工作好きな末っ子は、毎日作品を作り出しては、おもちゃ箱にポイします。

まるでゴミ箱。おかげで、その下にあるおもちゃが見えません。これは、断捨離チャンス...!

ここで注意すべきは、捨てるものを末っ子自身に決めさせることです。勝手に捨てれば、後に面倒なことになるでしょうから。


(↑数年前までは私の判断で捨てていました。発達段階に応じてね)


「ゴミを捨てなさい!」と頭ごなしに言っても積極的に捨ててくれません。

そこで私がする声かけはこう。

「最近〇〇で遊んでないね。どこにある?」
おもちゃ箱の底の方にあるのは確かですが、ゴチャゴチャで見つかりません。

「見つからない〜!」とゴネたら好機です。

必殺!「お片付けしたら、見つかるかもね?」炸裂ーーー!!



こうやって乗せると、その気になってくれます。いつまで通用するかわかりませんが。


さて、捨てるものと残すものを分けます。手伝いはしますが、判断するのは末っ子です。

この時、工作物は9割方捨てる方に選ばれます。作ることが好きなだけで、過去の作品に執着するタイプではなさそうです。



(新作は捨てずにディスプレイ※焼きそばと杏仁豆腐)


絵本などを収納している水屋箪笥からも、チラシやカタログなどを。

(↑子供の作品集)

捨てるものは、全部でこの量になりました。

溜め込んでたな〜!


分別したら、判断が揺るがぬうちに不要なものを袋にまとめます。

この時使うのは、透明ではなく色付きの袋がオススメ。表から見えなくすることで、「やっぱりコレ要る!」攻撃を回避できます。


ゴミ箱から晴れて本来のおもちゃ箱に戻り、中のおもちゃが見つけやすくなりました。

親が仕向けた断捨離ではありますが、末っ子の判断でやり遂げました。早速、久しぶりに見るおもちゃで遊んでいます。嬉しいよね。



しかし本当は、末っ子をうまく乗せて断捨離させたが一番...

嬉しいよね!


ではまた。






\↓ポチしていただけると励みになります。/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



(↓無印良品の収納ケースにはブロックを)



(↓末っ子大好き!すみっコぐらし)


(↓末っ子イチオシ絵本)


(↓テレビの壁掛け金具はこちら)


(↓リビングの時計)





Instagram

ktcsm_gonin でインスタグラムもやっています。