平屋持て余シンプルライフ

ミニマリストになりたい主婦のリノベーション平屋暮らし

肌断食のようなもの3年生【ミニマリスト志望主婦の捨てたもの】

『肌断食』という言葉をご存知でしょうか。


かく言う私は、よく知りません。始めてこの言葉を聞いたのは、3年以上前。シンプルライフのブログを読み漁っていた頃です。


どなたかのブログで紹介されていた書籍、
『肌断食 : スキンケア、やめました』(平野卿子 著)




この本の概要は以下。

スキンケアはダメ!害になるから、何もつけずに一生、ずっと肌断食。大丈夫、あなたの肌は賢い!世の常識に反し大反響の1冊。もちろん、メイクはOK。健康な肌のための必読書。

(Google Books より引用)


まあ、私は読んでないんだけど。(読んでないのかい)



(漫画しか読まないひらやだよ☆)




スキンケアで保湿命!な方にとって、にわかに信じがたい内容ですよね。うっそだぁ〜ってね。


しかし、レビューなんかを読むと「肌の調子が良くなり、もうスキンケアには戻れません!」といった積極的な意見を目にします。






要するに肌断食とは「スキンケアをしない方が肌に良い」という考え方です。

長年スキンケアを面倒に思っていた私にとって、その考え方は渡りに船。その船、乗ったァ〜!




ということで3年程前...


スキンケアやめました。





とは言え、私はこの本を読んでいないので、完全に自己流の肌断食です。(自己責任)
そうだ、【肌断食のようなもの】と呼ぼう。



その概要はこんな感じ。

  • 化粧水、乳液、クリーム等のスキンケアをやめる


(無印良品の化粧水は主人のもの)



  • 石鹸で落ちそうな化粧品を選ぶ



(本当に化粧が落ちているかは不明)




  • 洗顔フォーム、メイク落としをやめて、体用と同じ石鹸で洗顔





(牛乳石鹸青箱を愛用。何度も言うけど、化粧が落ちているかは不明)




これを始めて3年、肝心の肌の調子はどうかと言いますと...



すこぶる普通!!



トラブルも無ければ、色が白くなったとかシミが薄くなったとかも無く、普通〜

ただ、乾燥にはやや強くなっていると思います。




スキンケアしている時と肌の調子が大して変わらないのであれば、お金も手間もかからない方が良いと私は思うのです。ほんと楽だよ〜





という訳で、もう楽すぎるから今後もこれでいきます。




「もうスキンケアには戻れません。」

(消極的かつ怠惰な意味で)





2020年もグータラしていきましょう。ではまた。








\↓ポチしていただけると励みになります。/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


















Instagram
インスタグラムもやっています。