平屋持て余シンプルライフ

ミニマリストになりたい主婦のリノベーション平屋暮らし

ないなら作ろう布マスク 2【ミニマリスト志望主婦の作ったもの】

新型コロナウイルス対策として、世帯に2枚ずつ配布されることとなった布マスク。世間じゃ『アベノマスク』なんて揶揄されています。
ニュースで、すでに配布が始まっていることを知りました。





そして、そのアベノマスク(平面マスク)を立体マスクにリメイクする猛者も現れています。『ベツノマスク』なんて呼ばれているのだとか。アイロニカル〜



マスク作りの資材が手に入りにくい現状。資材としてのガーゼとマスクゴムが手に入ると思えば有難いことです。無駄にはしねえぜアベノマスク





しかしまだ我が家には届いていないので、手に入る綿や麻の生地でコツコツとマスク作りを続けています。家族用や知人へのプレゼント用に。





今までは立体マスク(↑)を作っていましたが、ちょっと飽きてきました。
よって今回はちょっと河岸を変えて、プリーツマスクに挑戦したいと思います。






ネット上では、裁縫上手の尊い方々が型紙を無料で提供してくれています。ありがたや〜




しかし、ネットの情報の多さゆえに型紙迷子になった私。よって今回は、型紙なしの自己流でチャレンジしてみようかと思います!



(不織布のプリーツマスクをお手本に。いよいよ残り2枚。ヤバメ〜)



まず、布を断ちます。縫い代やプリーツ部分を考慮し、適当にサイズを決定。



(表布は白、裏布は青)



中表にして上下を縫い、筒状に。




ひっくり返して、適当にプリーツを作ります。




プリーツの端を縫って固定します。




ここからが少々難所。ゴムを通す部分を三つ折りにして縫います。




分厚くなる上に、プリーツが崩れそうでムズイです。しかし、ここを越えればほぼ出来上がりなので頑張れ私。



どうにかなりました。




ゴムを通します。



(マスクゴムは知人が分けてくれました。大切に使います。ありがたや〜)



できたよ〜


裏面はこんな感じ。




作る工程は、立体マスクよりも簡単です。手縫いでもいけそう。



着用モデルは例によってこの方にお願いしました。


(ア「パトロールに行ってきますね」)



このように実際付けてしまえばプリーツが広がるので、プリーツの幅なんか適当で正解な気がします。



(ジ「今はダメだ、家にいろ!!(ブチギレ)」)





こちらは試作品なので、私と夫用にしたいと思います。
作り方は心得ましたので、コツコツ作って裁縫下手な知人にプレゼントする予定です。自粛中もすべきことがあると、生活にハリが出るってもんだわ。


家の中で楽しめることってまだまだあります。







ねぇ、家の中で楽しいことしよっ



あっ、誰かと接触せず、一人でね(意味深)







ではまた。








\↓ポチしていただけると励みになります。/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村























Instagram
インスタグラムもやっています。